ぎちゅログ

管理人の近況がメインですが、最近は読書感想文が多いです。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Puil

  • Author:Puil
  • 私生活ではかなりの毒舌です…


最近の記事


最近のコメント


カップヌードル


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


通学読書記。(3) ※本日の落書きつき
昨日の記事をアップロードし忘れました(汗)
ということで今日は2件UPです。
(昨日書いたぶんの日付は昨日のままです)

あとこれから気が向いたら授業中の落書きをUPしようと思います。
大学生にもなって、落書きがやめられません^^;
今日も、最後に1枚載せておきます。

えーと今日読み終わったのは
太宰治の「斜陽」です。
太宰治の文章って、


好き嫌いが別れますけど
私は好きなほうです。

中3の時だったと思いますが、教科書に載っていた「富嶽百景」が
初めて読んだ太宰の作品なのです。
ハマっちゃって「晩年」も読みました。
「人間失格」はまだ読んでません。

その時に「斜陽」も読んだような気がするのですが、
なぜか読んだ記憶が全くないのです。
実は読んでなかったのかもしれません。

太宰の文章はやっぱり内容が命なのかもしれませんが、
個人的には文体がすごく好きです。
今回の「斜陽」には、主人公まつ子とその母と弟が登場しますが、
3人の口調、あるいは手紙の文章などが
どれも違うのに、どれも太宰なのです。上手く言えませんが。

そして、その太宰らしい文体だからこそ、
太宰らしい内容が活きてくるのだと思います。
私にとって、太宰の作品で文体は内容より大事です。
けれど、その上にある内容も大事なんです。

太宰の作品は、若いうちにグイグイ読んでおいたほうが
いいのかもしれません。
たまに危ない思想も出てきますが(笑)、
悪影響は受けないような気がします。
ただ私は、太宰の思想を傍から眺めて、
自分には真似できないけど、
けれども太宰の思想が好きなんです。

太宰はもう死んでしまいましたが、
こういう考えの人がいたというのが、
そしてそれを文章に残してくれたのが、
すごく嬉しいのです。

そう思わせるのは、やはり時たま現れる、
あの読者に語りかけるような文体のせいなのでしょう。

「人間失格」も10代のうちに読んでおこうかなという気になりました。

次は宮部みゆきの「レベル7」を読もうかなぁと思ってます。

◎落書きの話

↓ドラゴン好きなんです。
 前からよく描いていたのですが、今までで一番出来がいいので
 つい載せちゃいました。
20050419225541.png

スポンサーサイト




太宰
私も中学の時にはまりました。当時書いた小説は、まるっきりの太宰口調です。かなり影響を受けてました。同じテーマを手を変え品を変え、あそこまで追求した人はあまりいないと思います。本は若いうちじゃないと、吸収できないですから、たくさん読んでね!
ASAMI | URL | 2005/04/20 02:52 [編集]



ASAMIさんの太宰口調の小説、読んでみたいなぁ~。なんかハマリますよね、あの口調。
通学時間暇なので沢山読めます。今までの人生で一番本読んでるんじゃないかなぁ~。
Puil | URL | 2005/04/20 22:29 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。