ぎちゅログ

管理人の近況がメインですが、最近は読書感想文が多いです。



Calender

09 | 2017 / 10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

Puil

  • Author:Puil
  • 私生活ではかなりの毒舌です…


最近の記事


最近のコメント


カップヌードル


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


攻撃型Puil

最近思ったこと。
いろいろあるけど、今日はこれ。


信条ってほどじゃないけど、大事にしている言葉の一つに
「罪を憎んで人を憎まず」という言葉がある。

「汝の敵を愛せよ」は難しくても
「罪を憎んで人を憎まず」ができたなら、
人生って格段によくなると思う。
やっぱ怒ってばっかじゃ損だから。

でもやっぱり、人を憎んでしまうときがある。
滅多にないことだけど・・・





若い頃は(高1くらいまでかな?)
人を嫌いになりやすかった反面、
嫌いになった人を見直すっていうのも簡単だった。
一度人を嫌いになっても、
いいところがあればすぐそれを撤回できた。

でも人を嫌いにならないようにしようっていう努力をして
滅多に人を嫌いにならなくなった今、
それでも嫌いになってしまった人を認めるのは難しい。


っていうか、嫌いなのは1人だけなんだけど。

立場上、うわべだけでも仲良くしないといけないんだけど

・・・どうしてもできない。


私は昔から執念深い。
同時に、自己分析を結構できてるほうだと思う。
自分がゆがんだ原因っていうのはだいたい把握してる。
(もちろん全部じゃないだろうけど)

んで大学入ってからあった嫌なことのうち
半分くらいは元をたどればコイツに起因してるような気がする。

気のせいかもしれないけど、一度そう信じたら止まらない…



「罪を憎んで人を憎まず」の筈が、見事に逆転
「人を憎んで罪を憎まず」


好きな人間のやられたことは、どんなに酷いことだって許せる
笑って耐えられる

でも、嫌いな人間のやることは、どんなに心がこもってたってダメだ
その人が善意でやってるつもりでも、不快で不快で仕方ない
善意だろうが、自分は不愉快千万だっていうのを、顔に出す


あいつに言ってやりたい。

いいですか?
自分がよかれと思ってやってることでも、
自分だけの満足になってないですか?
よかれと思ってやってることほど、
フィルターかけちゃってるから
思慮の浅さに気づかないものですよ。
特に、自分を嫌いな人がいるってわかってたら
言動には気をつけないといけませんよ。
その人は、全部否定的な目で見てきますから。


そして自分は言われないように気をつけなければと思う。
スポンサーサイト
自分のこと | 2007/05/08 22:25 | コメント(2)





これ紹介させてね(著作権無視)
ニゲル | URL | 2007/05/12 23:16 [編集]



え、あ、気に入ったならどうぞお持ち帰りください(いらないだろ
Puil | URL | 2007/05/13 18:55 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。