ぎちゅログ

管理人の近況がメインですが、最近は読書感想文が多いです。



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Puil

  • Author:Puil
  • 私生活ではかなりの毒舌です…


最近の記事


最近のコメント


カップヌードル


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


思考回路
今日は自分の思考回路がいかに変か思い知りました。
いかに人に理解されにくいかということを。

道理でいつも言い訳しても通じないわけだ…(ーー;)


というのも、バイト先の塾での出来事。

うちの塾は小さな雑居ビルの1フロアにあるこじんまりとした塾です。
(でもチェーンなので個人塾ではない。おそらくフランチャイズ形態)

授業が終わった後は、玄関まで生徒を見送るんですが
いつもマイペースですぐ帰らない女の子がいるんです。
といっても他の子よりせいぜい10分くらい長くいるだけなんですが。
大人しい割に、私と話すのが好きなようです。
その子はいつも1日の最後の授業なので、
授業が終わったあともだらだらしてられるってわけです。
私もその子と話すのはとても楽しいです。
(ただ時間が時間なので、できたら早く帰ってほしいんですが。笑)

で、今日その子は帰り際、玄関に置いてあるパンフレットに興味を示しました。
先週もだらだらとそれを並べて整理してました。
私はただでさえ授業がのびたのに(それは私のせいですが)早く帰りたくて仕方なかったので
早く話を終わらせたいというのが今日は正直なところでした。

えーと仮にその子をAさんとしましょう。

A「このパンフレットって、誰か持って帰るんですか?」

自由にお持ち帰りくださいとは書いてありますが、
持って帰っているところを見たことが無い私は返事をためらいました。
すると塾長(おやじです。ぶっちゃけ嫌いです)が横から一言、

塾長「うん、いるよ」

絶妙の遅いタイミングで言ってきました。
けど、Aさんが広げているパンフレットは、明らかに折り目だらけでボロボロ。
何ヶ月どころか何年もそこにあるのは明らかでした。

ここで私の変な思考回路が炸裂します。
以下0.5秒くらいの間の出来事。

(Aさんはボロボロのパンフレットを見て首をかしげている。
 塾長の微妙に遅い返事といい、明らかに嘘だと思っているだろう。
 こういう時は、上手くフォローしないといけない。
 誰も持って帰らない、というのは本当だ。
 けど、それはそんなショボイパンフレットではなく、
 ちゃんと立派なパンフレットを渡しているからである。
 そのパンフレットを誰も持って帰らないことは認めて、
 その理由をきちんと説明したほうがいいのではないか。
 てかそもそも、持ってかえって欲しいパンフレットがこんなにボロいなんて
 持って帰る人に失礼だし。
 変えろよ…汗
 しゃあないな~気付かせてやろう)

ってことで、こういいました。

私「ネンキが入ってるから、違うんじゃないかな」

そりゃあ言い方は悪かったですよ。
でもこれが私なりの、Aさんを笑わせる方法であり、
この話をとっとと終わらせて帰ってもらう方法でありました。
この後、「でも…」とフォローを続ける予定だったのに、
その前に塾長がぴしゃり。

塾長「余計な事言わないの。あなた前から思ってたけどね~…」

エッΣ( ̄△ ̄;)生徒の前で説教ですか!?
ここで第二の思考回路が

(あー余計なことしてくれたな塾長。
 あんたがここでぐちぐち言わなきゃ、
 生徒も私の発言が問題あるって気付かないのに。
 第一生徒の前で講師を説教するってどんな根性だ?
 ここで私が謝ったりしたら、私の発言に非があることになって
 Aさんはますます不安になるだろう。
 何食わぬ顔して、無視して、ここはフォロー!!)

と思ったので(この間0.2秒くらいだったでしょう)

私「けど、ちゃんとしたのもらってるから
  こんなの持って帰る必要ないからさ」

と見事に(?)Aさんを納得して帰らせたのでした。
ただ、注意されたことでテンパってしまい、
めちゃめちゃ不自然な言い方になってしまいましたが…

その後もちろん言われました。

塾長「発言には気をつけなさいよ。怒」

私ははいって返事して、謝りませんでした。
それが気に食わなかったのか、さようならと言ったのにシカトされました。

そりゃあ一般的には私のは言い方も悪いし余計な一言でしょーが
パンフがボロいのも、誰も持って帰らないのも事実です。

それに、それ自体が悪い評判に直結するとは思えません。
立派なパンフを渡している結果、そんなショボいのはいらないんですから。
それに実際、うちの塾はまずまずの実績を持ついい塾です。

パンフがボロボロになっていることすら、
言われるまで気付かなかった筈。

そりゃあ私は悪いです。
ただ余計な一言って本当は余計じゃない時もある。
私はただ、ボロいパンフに首をかしげているAさんに、
笑いをとりつつ事情を上手く説明したかった。
不器用だから、そりゃあやり方は間違ってますよ。
けど、そこに新しいパンフを置いておけば、
私が失言することはもちろん、Aさんが首をかしげることも無かった。

塾なんだから、そういう配慮も必要なんじゃないでしょうか。
発言云々とはまた別の次元の話として。

で、言い方が悪くなったのにも理由があります。
要するに不満があったんです。

前から夏休みは部活が忙しいって言ってたのに、部活を辞めろって言ってきたり

家の用事で休みますってメールしたら、見たくせに返事くれなかったり

生徒がなかなか帰らないから自分も帰れないのに、その分の給料は出なかったり

1日12時間働いても、コマ給だから時給上がらなかったり

授業と授業の間が90分も空いてて時間のムダだったり

年度代わったら時給上がるって言ったくせに上がってなかったり

平日ほとんど入ってるのに、テスト前全く休めなかったり

8時で終わる筈の日に、勝手にもう1コマ入れられてたり

最初渡した書類の給料体系が間違ってて、年度末に埋め合わせるっていったのに、してなかったり

教育熱心な親のせいで勉強に疲れている子供が宿題をやらないのを、私のせいにされたり

給料に関しては時給がもともとよいので黙っています。
最近自分もミスが多いので言いづらかったり。

けど、普通のバイトのほうが効率よく稼げるかも…
と思い始めた今日この頃。
ただ子供相手ならなんとかなっても、
ふてぶてしい私に客商売は向いていないから飲食店とかは危険。
やっぱ塾講かなぁ。他のとこ探そうかなぁ。

こーゆー不満は、ハッキリ言って無意識のうちに出ちゃいます。
そりゃあ私だって大人になりたいです。
でも残念ながら私はまだそんくらいの子供なんです。

↓そんな思考回路のおかしい私が今日ブックオフで買った本。
 「いつもここから」好きなんです。結構おもしろいです。笑

悲しいとき 悲しいとき
いつもここから (2001/08)
扶桑社

この商品の詳細を見る


関係ないですが、いよいよ運命のブラジル戦。
相手がブラジルなんで負けたっていいとは思いますが、
でもやっぱり奇跡を起こしてほしい!!
きっとヒデ世代の多くには最後のW杯だから…
2002年からほとんど変わっていない成熟したチームで
1次リーグ敗退は寂しすぎです。
けど正直言うと決勝にいけなくてもいい、
王者相手にとにかくいい試合をしてほしい。
ブラジル相手にいい試合ができれば、たとえ1次リーグ敗退でも、
この4年間の意味を感じることができると思う。
まぁとにかく根性見せてね、ニッポン!!
スポンサーサイト
自分のこと | 2006/06/22 22:44 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。