ぎちゅログ

管理人の近況がメインですが、最近は読書感想文が多いです。



Calender

07 | 2017 / 08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Puil

  • Author:Puil
  • 私生活ではかなりの毒舌です…


最近の記事


最近のコメント


カップヌードル


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


曲の世界
今日は、高校の吹奏楽部の演奏会を聴きに行きました。
同級生(3年生)の友達も何人か所属しているので、
これで最後の演奏かと思うと、とても寂しいです。

うちの学校は吹奏楽部はかなり厳しく、実際かなり上手いのですが、
今回は私の知る限りでは、今までで最高の演奏だったと思います。
やはりこれが最後になる3年生の思いがあったからでしょう。
吹奏楽部入ればよかったと一瞬思ったくらいでした(笑)

長くなりそうなので続きます。




演奏会なので、休憩を除いても1時間半ほどの大ボリュームでしたが、
それだけの量の曲なのに、完成度がすごかったです。
ここで私が言う完成度というのは、
約80人もの部員の息が、ピッタリ合っていた、ということです。
個人競技であるテニス部に所属していた私としては、
80人もが息を合わせることがどんなに大変なのか、
これは想像もつかないことです。

同じ楽器でも何パートにも分かれ、
また管楽器以外にもパーカッションなどの沢山の音が融合して
ひとつの曲になる様は、ピアノをやっていた私には圧巻でした。
今までもそうだったのですが、
最後の演奏はそれを本当に実感させてくれました。

すると、不思議なことが起こりました。
今回の曲目は知らない曲ばかりだったのですが、
そう、あれは2曲目を聴いていた時でした。
指揮を振る先生(音楽の先生なので顔なじみですが)の前に、
突然草原が見えたのです。
嘘のような話ですが、本当の話です。
その後も、曲調が変わり、その曲が終わって曲が変わり、
そうやって変化が起こるたびに、目の前にいろいろ見えたのです。
青空、大海原、雨雲の下のエッフェル塔、路地裏の黒い猫…
そう、私の中に曲の世界が流れこんできたのです。

もしかすると、私の見た世界は、
曲の本当の主題とは異なるかもしれません。
しかし、少なくとも、音楽が私に想像力を巻き起こしたのです。

これが、約80人の力が1つになった時の、音楽なのです。
その世界の奥行きと広がりに、私はただただ感嘆するだけでした。

私は映画の音楽が好きです。
けれど、与えられた映像と共に音楽を聴くよりも、
音楽を聴いて自分の中に世界が広がるというのは、
音楽という視点からするともっとすごいことのような気がします。
そう、今回は知らない曲ばかりだから逆によかったのです。
私は既成概念に縛られることなく、自由な空想を楽しめたわけです。

きっと生演奏じゃないと、この現象は私の場合は起こらないでしょう。
けれど、人生ではじめての経験だっただけに、
次にこのような音楽に出会えるのは果たしていつなのか、
それは全く想像がつきません。
けれど、生きていれば、また素晴らしい演奏に出会えるでしょう。
そのときを、楽しみにしています。

吹奏楽部の皆さん、お疲れ様でした。
スポンサーサイト





音楽を聴いて風景?が見えたってことは
それだけ自分と同調されるくらい良かった!ということだね♪良い音楽は人を素敵にします。
俺も映画音楽は好きだよ 音楽を聴くとそのシーンが思い浮かべられる。


話しは変わりますが(笑)うちのBlogリンク張らせてもらっても良いですかー?
モルダー | URL | 2005/03/25 19:51 [編集]


了解ですー!
映画の音楽はかなり好きです。
音楽がいいと映画の価値って上がりますよね◎

リンクは全然OKですよ~◎どうぞどうぞ。
Puil | URL | 2005/03/25 22:32 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する

 + 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。